注目キーワード

仮説思考でPDCAを高速で回し業務改善を高速化

PDCAを成功させる秘訣は仮説思考にあり

PDCAはビジネスの基本の一つです。

PDCAとは
①Plan(計画) ②Do(実行) ③Check(評価) ④Action(改善)の頭文字を取ったもので、仕事の継続的な改善をするための方法です。
しかし、PDCAが効果的にできている人は意外と少ないです。
その理由は仮説思考ができていない人が多いからです。
仮説思考とは?
現在分かっている情報から最も確率の高い仮説を設定することです。仮説を証明するために実行し、その結果を検証する。仮説とのズレがあれば修正する。
仮説思考はPDCAを回すための考え方そのものであることが分かるでしょう。
仮説思考ができれば、自然とPDCAを回すことができるようになります。

PDCAを実行する

PDCAを実行するプロセスを見ていきましょう。

  1. Plan(計画)
  2. Do(実行)
  3. Check(評価)
  4. Action(改善)

Plan(計画)

PDCAの第1段階は、Plan(計画)です。計画の手順は次のとおりです。

  1. 改善すべき問題や課題について情報を集める
  2. 情報をもとに改善するための仮説を立てる
  3. 仮説を確認するための計画を立てる

情報を集める

情報を集める時は、できるだけモレの内容にするためMECE(モレなくダブりなく)を意識すると良いです。詳細は下記を参考にして下さい。

MECE(ミッシー)を理解してロジカルシンキングを身につける!

仮説を立てる

現在ある情報から問題点や改善点の「仮説」を立てましょう。計画を立てるにはここまでの下準備が重要となります。

仮説を立てるときは、ベストでなくてもベターでも良いと良いです。初めからベストの答えを出すのは難しいですし、PDCAを回すスピードが落ちてしまいます。

ビジネスにおいて多くの場合は完璧主義を目指すとスピードが遅くなり結果が出にくくなります。完璧主義の問題はこちらでも解説しています。

仕事で5倍の成果を出す方法!完璧主義をやめるだけ

計画を立てる

仮説を確認するための計画を立てます。計画は5W1Hの要素を盛り込んで具体的(数値)にしましょう。

  • When:いつまでに
  • Who:誰が
  • Where:どこで
  • What:何を
  • Why:なぜ(←これが仮説に相当する)
  • How:どのように

Do(実行)

PDCAの第2段階は、Do(実行)です。

実行は計画で設定した「仮説」が合っているか確認するためのフェイズです。

常に「仮説」を意識しながら行うことで、目的から逸脱せずムダなアクションが減ります。

もし、途中で仮説と違う結果が出てきたら全てのアクションを終わらせるのを待たずに「評価」の段階に進みましょう。評価するための情報が足りなければ、「実行」に戻って必要なアクションを続けるようにしましょう。

Check(評価)

PDCAの第3段階は、Check(評価)です。

評価は「実行」した結果を元に「仮説」が合っているか検証します。

「計画」が適切に立てられていれば、評価はスムーズに進めることができるでしょう。

Action(改善)

PDCAの第4段階は、Action(改善)です。

評価の結果を基に改善を進めます。

仮説が合っていれば、仮説に沿った改善を実施しまします。

もし、仮説が間違っていれば、「①計画」に戻りPDCAサイクルを回すことになります。

まとめ

いかかでしたでしょうか?

PDCAを成功させるためには仮説思考が重要となります。

素早く改善を行うためにはベスト(完璧主義)でなくベターで考えることが大切です。

ベストを狙ったPDCAを1回よりも、ベターでPDCAを5回の方がほとんどの場合で良い結果となります。

今日から、仮説思考を意識してPDCAを回し、業務を改善していきましょう。