注目キーワード

【AI GIJIROKU】月額1500円で議事録が自動で作れる時代に

AI GIJIROKU(AI議事録)

2020年1月13日に株式会社オルツテクノロジーズがサービスの提供を開始した「AI GIJIROKU(AI議事録)」を紹介します。

月額1500円からで議事録が自動に作成され、低価格で非常に便利なサービスです。

AI GIJIROKU 公式HP

機能1:リアルタイムのテキスト化

AI議事録は会議の発言を自動でテキスト化できます。発言者も高精度で分離する機能も搭載しているので、発言者と発言の内容を結びつけることも可能です。

特に、文字起こしが必要な場合は、議事録の作成時間は大幅な削減が見込まれます。

機能2:リアルタイム翻訳

会話している内容をリアルタイムで翻訳できます。(主要30言語に対応)

海外とのオンライン会議や外国人との打合せでは外国語が不得意でも翻訳された議事録を見ながら打合せも可能ではないでしょうか。

議事録の要約サービス

議事録の要約サービスはオペレーター版と自動版が提供されています。

こちらは別途料金が必要となります。

価格(2020年1月16日時点)

スタンダードコース

基本料金:1500円/月

  • リアルタイム音声認識:600分(10時間)/月(収録時間の追加は2円/分)
  • 連続録音時間:120分
  • 保存領域:10GB(保存領域の追加は1000円/月で10GBの追加購入可)

その他「グループ機能」「 話者識別」「 キーワード検索 」「テキスト編集(月額9800円〜)」 「テキストダウンロード 」 「カレンダー連携 」 「Emailによる共有 」 「SNSによる共有 」 「翻訳機能 約30ヶ国語 」の機能あり

ビジネスコース

基本料金:25,000円/月

プランの詳細は準備中

株式会社オルツテクノロジーズ

AI GIJIROKU(AI議事録)のサービスを提供しているオルツテクノロジーズは人工知能に関するサービスなどの会社として2019年4月に設立。

公式HP:https://alt-technologies.com/

AI GIJIROKUの技術について

AI GIJIROKUはAIが得意な技術を組合せた実用的なサービスです。

  • 人がしゃべる声を正確に聞き取る「音声認識」
  • 文章を理解したり、自然な翻訳をするための「自然言語処理」

主にこの2つの技術を組合せたサービスです。

音声認識によって会議での発言をを文字にすることができ、文字起こしが簡単にできます。人が何時間もかけないとできないことが、AIに任せることでほぼ自動でできます。

さらに、自然言語処理によってリアルタイムでの翻訳もできるので、外国語が苦手な人でも外国人と会議ができるようになります。

AI技術の組合せでできることを考える方法はこちらも参考にして下さい。

人工知能(AI)でできることを組合せた応用例を考える

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は公開されたばかりのAIの議事録のサービス(AI GIJIROKU)を紹介しました。

あなたの業務の効率化の参考にして頂ければと思います。