注目キーワード

経営者/起業家がプログラミングを学ぶべき3つの理由

経営者にプログラミングスキルは必要か?

経営者に必要なスキルは何でしょうか?

あなたの事業の専門分野の知識やスキルは必要でしょう。

専門分野の知識以外に経営をする上で必要な共通のスキルも多くあります。その中でも重要なスキルの1つが「プログラミング」のスキルです。

プログラミング言語はどれでもよいですが、どれを学べばいいかわからないという方は次の2つの中から好きな方を選んでみて下さい。

  • VBA
  • Python

VBAはEXCELで気軽に学ぶことができて、EXCELを使った日常業務の改善に直結させることもできます。

Pythonは人工知能(AI)を実装するために一番多く使われている言語です。プログラムコードも分かりやすく学習コストも低めです。AIが概要を学びたい人におすすめです。

経営者がプログラムを学ぶべき3つの理由

経営者は日常の業務でプログラミングをする必要はなく、プログラミングをするための必要な考え方を身につけることは大切です。そのためプログラムをしてシステムに実装する能力は必要ありません。システムがどのように動いているかの概要を掴むことができれば十分です。

プログラミングスキルを身につけると経営に次のようなメリットがあります。

  • ロジカルシンキングが身につく
  • 事業を仕組化ができる
  • 業務改善能力が向上する

ロジカルシンキング

当たり前ですが、プログラムはプログラムコードとして記載された通りにしか動きません。

プログラムは1文字でも間違いがあると動きません。動いても、処理したいと思っている内容と記載されているプログラムコードの内容に差異があれば思った通りの動きをしません。

完全にロジカルなのです。

プログラムを処理するのは次の要素の組合せです。

  • 条件分岐
  • 繰返し処理

この2つの処理を組み合わせることで、世の中のほとんどの業務がロジカルに行われていることを理解できます。

例えば条件分岐の考え方が身につけば、経営判断するときに取るべき手段を状況によって複数の候補の中から選ぶという考え方もできるようになります。

プログラミングするのに必要な思考を身につけることができれば、フレームワークなど学んだときにロジカルシンキングが相乗効果的に身につけることができます。

事業の仕組化

特に小規模な事業の経営者は、自身が中心に事業が回っていています。この状況だと経営者がいなくなると事業が回らなくなります。

経営者がいなくても事業が回るようにするためには、経営者が行っている業務を仕組化して経営者以外にもできるようにする必要があります。

プログラミングを学ぶことは仕事をシステム化することを学ぶと同じことです。プログラムするということは究極には仕事を自動化することが目的です。

プログラムをいくつか作ってみることで、仕事を仕組化し自動化するための思考を身につけることができます。

業務改善

プログラミング的な思考とあなたの事業の問題点を結びつけることで、問題解決や業務効率化するためにはどうすればよいか気づくことができます。

もし、気がつくことができれば業務を改善するための行動ができます。

世の中にあるサービスやシステムを探して、あなたの事業に取り入れても良いでしょう。

もし、あなたの欲しいサービスがなければ、自身で開発することもできます。

プログラムを学ぶ方法

最近はプログラムの学習も気軽にできるようになっています。

プログラムを学ぶのにオススメのサービスを紹介します。

ドットインストール

プログラミング学習のサブスクリプションサービスです。

無料でも学べますが、有料プラン登録すると全てのレッスンを見ることができ、多くの学習に役立つ機能を使うことができるようになります。

月額1080円(税込み)と低価格から学ぶことができます。

1テーマを3分の動画で学べるためスキマ時間での学習にも向いています。

レッスンの数が非常に多くほとんどのプラグラミング言語を学ぶことができます。PythonもVBAも学ぶことができます。

ドットインストールへ

Progate

プログラミング学習のサブスクリプションサービスです。

無料でも学べますが、最後まで学習するためには、有料プランに登録する必要があります。

月額980円(税別)と低価格から学ぶことができます。

プログラミングの開発環境がなくても、Web上でプログラムを打ち込み動作の確認をすることができます。また、学習が進むとレベルアップするので楽しく学べます。プログラムの初心者にはおすすめです。

Web系の言語しかないため、Pythonは学べますが、VBAのコースはありません。

Progateへ

まとめ

いかがでしたでしょうか?

プログラムができるようになることが重要なのではなく、プログラム的な思考法を学ぶことが大切です。

  • ロジカルシンキング
  • 事業を仕組化
  • 事業の改善

これらは事業を継続的に成長させるために重要な能力です。

プログラミングを学んで事業を発展させていきましょう。