注目キーワード

低リスク・最速で結果を出す!リーン・スタートアップ

低リスク・最速で結果を出す!リーン・スタートアップとは?

まずは、リーン・スタートアップの概要を説明します。

リーン・スタートアップ
コストをそれほどかけずに最低限の製品や、最低限のサービス、最低限の機能を持った試作品(MVP:ミニマム・バイアブル・プロダクト)を短期間で作り、顧客に提供することで顧客の反応を観察する。その観察結果を分析し、製品、サービスが市場に受け入れられるか否か判断し(市場価値が無ければ撤退も考慮)、試作品やサービスに改善を施し、機能などを追加して再び顧客に提供する。このサイクルを繰り返すことで、起業や新規事業の成功率が飛躍的に高まると言われている。
引用:Wikipedia

リーン・スタートアップの重要性

完璧を目指しては遅すぎる

技術の進化の著しい現代では、長期の事業計画を立てても役に立たないことが多い。1年も経てば、事業計画を立てた時点ではできなかったことができる様になっていることも多い。そうなると、道半ばの事業計画の見直しが必要となる。これでは、いつになっても計画を達成することはできません。

スピートが大切

リーン・スタートアップはMVP(ミニマム・バイアブル・プロダクト)を市場に投入する方法のため、開発から市場投入までを最短の期間とすることができ、製品の開発費も最小限に抑えることができます。つまり、時間とお金のリスクを最小限に抑えることができるメリットがあります。

大切なのはMVPを市場に投入したあとです。必ず市場の反応を確認しMVPを改善しバージョンアップさせることが大切です。

もし、通常のスタートアップと比べて失敗しても失われる時間と資金が少ないため、何度も再チャレンジできます。そうすることで、短期間で成果を出す確率が高くなります。

成功例

今は巨大な企業となっているGoogle、Amazon、Facebookもリーン・スタートアップで成功していると言っても良いのではないでしょうか?

  • Googleは検索サービスというMVPから始まりました。
  • AmazonはECサービスというMVPから始まりました。
  • Facebookも最小限の機能を持ったSNSというMVPから始まりました。

リーン・スタートアップの手法を繰り返すことによって、これらの企業は現在では巨大な企業に成長しています。

日常の業務改善でリーン・スタートアップを活用する

これはスタートアップの時だけでなく、日常の業務改善でも活用できる考え方です。

業務改善をするときは必ず反対する人が出てきます。これは「現状維持バイアス」が働くためです。「うまく行かなかったときの責任は誰が取るんだ!」「新しいやり方の問題点は○○だ!」というような重箱の隅を突くようなことを言う人がいます。

こんなときは、業務改善のためのMVPを作って試験的に実施し、改善案が有効であることを確かめてみると良いでしょう。

改善すべきことが見つかれば、再度改善し試してみる。これを繰り返すことで業務改善が驚くべきスピードで進んでいきます。

まとめ

リーン・スタートアップの考え方は事業の立ち上げのマネージメントの考え方です。

この考え方は既存の事業の改善活動でも取り入れることで改善のスピートアップとコストダウンが可能です。

  1. MVPを作る。
  2. 試してみる。
  3. 改善点を確認する。
  4. MVPを改良する。

この手順を繰り返すことで、事業を大きく改善することができるようになります。