注目キーワード

日本の人工知能(AI)戦略と人材育成【2020年度版】

文部科学省のAI人材教育計画

2019年11月1日に文部科学省が「教育改革に向けた主な取り組み」を発表しています。

デジタル社会の「読み・書き・そろばん」を「数理・データサイエンス・AI」の基礎などの必要な力を全ての国民がハグ組、あらゆる分野で人材が活躍することを目指した教育を推進していきます。

これから学校教育を受ける世代は、全員が「数理・データサイエンス・AI」を学ぶことになります。

この知識は現代を生きるための必須の知識となるため、無いと時代遅れの人材と言われる日が来ることは間違いないでしょう。

一昔前に、パソコンが使えない上司が「仕事ができない」と言われたりした時もありましたが、今後はデータサイエンスやAIが分からないと仕事ができない人と言われるようになるはずです。

時代に取り残されないためには、時代の変化に対応して学び続けることが大切です。

文部科学省の発表資料

2019年11月1日に文部科学省が発表した資料はこちらです。

AI戦略等を踏まえたAI人材の育成について

AI人材教育計画の概要

今後の、日本のAI人材に関する教育の概要をご紹介します。

文部科学省は全ての国民が「数理・データサイエンス・AI」のリテラシーを身につけることを目標とした教育改革に取り組む予定です。

AI人材教育計画

2025年にはAIのエキスパートを毎年2000人育成する計画です。

これから教育を受ける子供たちは全員がデジタル社会に対応するためのリテラシーの教育を受けるようになります。子供たちが1人1台の端末を持つICT環境を構築されます。大学でも公開オンライン講座などを活用して、学習内容の強化していくことになります。

ICTとは
Information and Communication Technology(情報通信技術)」の略です。米国のITAAの定義では「コンピュータをベースとした情報システム、特にアプリケーションソフトウェアやコンピュータのハードウェアなどの研究、デザイン、開発、インプリメンテーション、サポートあるいはマネジメント」である。
引用:Wikipedia
応用のための基礎学力を付けるために、教育プログラムを認定する制度が構築される予定です。現在でも民間の資格として一般社団法人日本ディープラーニング協会の「G検定」や「E資格」、一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会の「Pythonエンジニア認定データ分析試験」などがありますが、将来的にはこれらが国家資格になるかもしれません。
既存の国家資格(ITパスポート)もより現代の技術にあった内容に見直され、高校教育での活用が促進される予定です。
AIに関するエキスパートを育成するために、若手の自由な研究と海外挑戦への機会の拡充や、実課題をAIで発見・解決するための課題解決型AI人材の育成を掲げています。毎年2000人のAIエキスパートの排出を目指しています。

まとめ

日本は「AIやデータサイエンス」の分野では他の先進国に比べて大きく出遅れています。

国際競争に生き残るには、AIやデータサイエンスの人材の育成が不可欠です。

これから事業を発展させるには、AIを始めとした最新のテクノロジーを取り入れていく必要があるお多くの企業が認識していますが、人材不足のため導入できていない企業が数多くあります。

これからの時代は、現状維持は難しい時代が訪れます。

「成長」か「衰退」

時代についていけなければ衰退するしかありません。

しかし、時代の波に乗っていけば、大きな成長ができます。

あなたは、どちらを選びますか?