注目キーワード

人工知能(AI)を学ぶ3つの方法!

人工知能(AI)を学ぶ3つの方法

現在、AIを学ぶ方法を大きく分けて3つあります。

  1. AIを働きながら学ぶ
  2. AIを自習で学ぶ
  3. AIを学べるオンライン学習サービスを受ける

それぞれのメリットとデメリットは後述します。あなたにとってどの方法がよいか考えましょう。

なぜAI人材の教育が必要なのか

AIの急速は進歩により事業へのAIの活用が進んでいます。しかし、AIの技術者が不足しているためAI人材の育成が急務となっています。このような背景により近年はAI学習ができる環境が広がってきました。2020年1月30日にも次のようなニュースが発表されました。

株式会社アイデミーが総額8.3億円の資金調達

ニュースの概要です。

株式会社アイデミーが企業のAIプロジェクト内製化支援を拡大させるため、法人向けサービスの強化に必要な資金の調達を実施した。総額は8.3億円に達した。

株式会社東京大学エッジキャピタルパートナーズ(UTEC)がリードインベスターとなり、新たに2社の事業会社、2社の投資会社と4名の個人投資家が出資した。

今回を含む累計での資金調達額は総額で9.4億円に達した。

引用:PRTIOMES

株式会社アイデミーとは?
2014年に「AIを始めとする先端技術と産業領域の融合に取り組む人と組織を支援する」を企業理念とし創業したベンチャー企業です。AIを始めとした先端テクノロジーをオンラインで学べる「Aidemy」を展開しています。2018年からは法人向けサービスの提供も開始し、企業内でのAI人材育成事業に力を入れている。

リンク:公式サイトAidemy

AI人材の育成のために大学、企業、投資会社、個人投資家などあらゆる方面から資金が出ています。

これからはAI人材の必要性がまずます加速することを示していると考えて良いでしょう。

AIを働きながら学ぶ

1つ目は働きながら学ぶことです。メリットとデメリットを確認しましょう。

メリット

  • お金を貰いながら学べる。
  • 実務レベルの深い知識が得られる。

デメリット

  • AI関連の仕事に就職する必要がある。
  • 転職の場合は、失敗した時のリスクがある。

可能であれば、実務を経験できる「働きながら学ぶ」方法がベストです。

AIを自習で学ぶ

自習でAIを学ぶ方法のメリットとデメリットを確認しましょう。

メリット

  • 低予算で学べる。
  • 自分のペースで学ぶことができる。

デメリット

  • 学習効率が悪い。
  • 分からない事があると、挫折しやすい。

オススメの自習方法

自習は挫折しやすく、学習が中断しがちです。

学習を中断しないようにするために、目標を設定するとよいです。

オススメなのがJDLAが主催している「G検定」に合格することを目標に学習をすることです。期限と学習範囲が決まるので、学習が進めやすくなります。

G検定ならAIに関する知識を網羅的に学習できるためAI学習の取っ掛かりとしては最適と思われます。

JDLAとは?
JDLAはJapan Deep Learning Associationの略で、一般社団法人日本ディープラーニング協会のことです。本協会は、ディープラーニングを中心とする技術による日本の産業競争力の向上を目指し設立されました。G検定(ジェネラリスト)、E資格(エンジニア)を定期的に開催している。

AIを学べるオンライン学習サービスを受ける

AIを学習できるオンライン学習サービスも増えてきています。メリットとデメリットを確認しましょう。

メリット

  • 効率的な学習ができる。
  • 多くのサービスでは、不明点について質問できる。
  • 自分のペースで学べる

デメリット

  • 受講料が高額なものが多い。

受講料が高額なものが多いですが、しっかり活用すれば短期間で深く学ぶことができます。

オススメのサービス

Aidemy

無料から始めることができ、AIを活用してやりたいことによって学習内容を選ぶことができます。

無料コース・単発コース・プレミアムプランの中から好きなものを選んで学習しましょう。

リンク:Aidemy

AI Academy

フリープラン・ライトプラン・AI Academy Bootcampなど複数の学び方を選ぶことができます。

全部で200以上のコースがあるので、目的に合わせて学習する内容を選ぶことができます。

リンク:AI Academ

TECH ACADEMY

AI以外にも様々なプログラミングの学習コースがあります。

AI関連のコースとしては「はじめてのAIコース」「AIコース」「データサイエンスコース」の3つのコースがあります。

レベルに合わせて受講できます。

リンク:TECH ACADEMY

まとめ

日本のAI人材の不足は深刻であると言われています。

AI技術は発達してきていますが、AI人材の数が足りずにビジネスへの活用は十分であるとは言えない状況です。

アメリカや中国を始めとした大国とビジネスで勝つためにはAI技術の活用は必須となります。

AIに興味があれば、あなたがAIについて学びビジネスへの応用を進めていきましょう。