注目キーワード

業務システムの失敗しない導入方法|SaaS(クラウド)・パッケージ・フルスクラッチ

業務システムの提供形態

ビジネスにおいて業務を効率よく進めるためには、業務にあったシステムを導入する必要があります。

適切なシステムの導入ができれば、情報の一元管理や業務の自動化などにより大幅な工数の削減ができます。

業務システムの導入形態は大きく分けて3つに分けることができます。

  1. SaaS(クラウド)で導入
  2. パッケージソフトを購入し導入
  3. フルスクラッチ(ゼロから開発)

SaaS(クラウド)

SaaSとはSoftware as a Service(サービスとしてのソフトウェア)」の略で、クラウドで提供されるソフトウェアのことです。

自社のサーバーにソフトウェアをインストールするのではなく、提供側のサーバーで動くソフトウェアをインターネットを介して利用するサービスのことです。SaaSサービスは、最近便利なサービスが多く提供されるようになってきました。

パッケージソフト

パッケージソフトは開発元から購入して使用するソフトウェアです。

特定の業務に対して一般的な機能が初めから搭載されています。ソフトによってはある程度カスタマイズできるものもあります。

インストールはサーバーとクライアントの両方、サーバーのみ、クライアントのみの3つのタイプがあります。パッケージソフトでも大規模なシステムの場合はサーバーへのインストールが必要となるタイプとなることがほとんどです。

フルスクラッチ

フルスクラッチというのはゼロからシステムを開発することです。

ゼロからの開発のため時間とコストは掛かりますが、用途に完全に一致したシステムを作ることが可能です。(現実には難しいですが。。。)

システムの形態別の特徴

それぞれの特徴を図でまとめました。

SaaS(クラウド) パッケージソフト フルスクラッチ
価格 小規模なら安価で利用が可能
(基本的にサブスクリプション)
比較的安価で利用可能
(初期費用+ライセンス料)
初期投資が高額
ラーニングコストは掛からない
導入期間 即日導入可能 比較的短期間で導入できる 開発が必要なため
カスタマイズ性 無し ソフトの仕様の範囲で可能
(できないものもある)
自由にカスタマイズが可能
保守性 サービス提供側が実施
バージョンアップは提供側が実施
基本的に自社で実施
販売元のサポートがある場合が多い
バージョンアップは提供側が実施(費用がかかることもあり)
外部でシステム開発した場合は、機能追加に時間が必要。費用もかかる。
内部でシステム開発した場合は、機能追加が自由にできる。
システム管理者 不要 サーバーへインストールするタイプは必要 必要

価格

価格の優位性は次のようになります。

SaaS(クラウド)

①SaaS(クラウド)
②パッケージソフト
③フルスクラッチ
ライセンス契約の形態にもよりますが、利用者が多い場合はSaaSよりもパッケージソフトの方が安価になる場合もあります。
小規模での利用ならSaaS(クラウド)が一番安価に利用できることが多いです。
SaaS(クラウド)はシステムの利用をやめたり、変更するときの金銭的リスクが小さいのも特徴です。

導入時期

導入時期の速さは次のようになります。

①SaaS(クラウド)
②パッケージソフト
③フルスクラッチ
価格と同じ順位となりました。
使いたいときにすぐに利用できるのが、SaaS(クラウド)サービスのメリットの1つでもあります。

カスタマイズ性

カスタマイズ性の高さは次のようになります。

①フルスクラッチ
②パッケージソフト
③SaaS(クラウド)
SaaSは基本的にはカスタマイズができません。
フルスクラッチはゼロからの開発なので機能は自由に設定することができカスタマイズ性は高いです。
パッケージソフトはものによっては、仕様の範囲でカスタマイズできるものもあります。

保守性

保守性の高さの次のようになります。

①SaaS(クラウド)
②パッケージソフト
③フルスクラッチ
SaaS(クラウド)は保守は、サーバーの保守は提供側が実施するため、利用者側は保守の必要がありません。
パッケージソフトは、サーバーにインストールするタイプを利用する場合は、サーバーの管理する人が必要になります。
フルスクラッチはサーバーやシステムを保守・機能追加/変更する人が必要となります。

システム形態の選び方

システムの形態別の特徴を紹介しました。

どの形態がよいかは状況によって変わりますので、どれが一番良いというわけではありません。

費用 対 効果」が一番高い形態を選ぶことが大切となります。

要件次第ではありますが、フルスクラッチ開発の場合は1000万円以上となることも少なくありません。大規模なシステム開発をする場合は、億単位の費用がかかります。SaaS(クラウド)やパッケージソフトより開発に必要なメリットがある場合はフルスクラッチ開発をすることになります。

しかし、中小企業で利用するシステムの場合はフルスクラッチ開発をするほどのメリットがでることはほとんどありません。

まずは、導入費用が安く、導入までの期間も短いSaaS(クラウド)かパッケージソフトを導入することをおすすめします。

SaaS(クラウド)かパッケージソフトのどちらが良いかはサービス内容や機能を比較して、あなたのビジネスに合う方に決めると良いでしょう。

製造業の例となりますが、業務のシステム化の流れはこちらの記事を参考にしましょう。

中小企業の製造業の仕事の効率化のカギはシステム化

まとめ

業務システムの3つの形態(SaaS(クラウド)・パッケージ・フルスクラッチ)を紹介しました。

最近は高機能なクラウドサービス/パッケージソフトも増えています。

まずは、クラウドサービス/パッケージソフトを導入することをおすすめします。

システム導入には次の流れで行うと失敗が少なくなります。

  1. システム化したい仕事内容を明確にする
  2. システムの要件定義を明確にする
  3. 導入するシステムを検討する

あなたの仕事でシステム化によって効率化できるものはありませんか?

もしあれば、仕事の効率化のためにシステム化をしましょう。