注目キーワード

人工知能(AI)で最適な解決策を導き出す!

人工知能(AI)で最適な解決策を導き出す!

いまの世界を“本当に最適化”するには人間の思考では追いつかない」という興味深い記事を見つけましたので、ご紹介と私なりの解釈を述べたいと思います。

人間は2つの要素までの把握はできますが、3つ以上のの要因を同時に把握するのは苦手です。4つ以上になると同時に認識するのは困難です。

ビジネスで使われるフレームワークを見ても、直線のフロー(バリューチェーンなど)もしくはマトリックス(SWOT、PPMなど)など2次元までのものばかりです。これは人間がものごとを正確に把握するのは2次元が限界ということです。

一方、人工知能(AI)が人間より優秀な点は、圧倒的な計算能力です。AIはコンピュータの性能さえ高ければ、何次元でも同時に把握し計算することができます。

現実世界の問題は、数多くの要因が複雑に絡み合って発生しています。問題の全ての要因を把握して計算すれば、確実に最適な解決策を得ることができます。このように複数の要因を同時に分析することはAIにしかできません。

AIは人間では処理することが不可能な量のデータを分析することで、問題の最適な解決先を導き出すことが可能となる。

最適解の重要性

最適解により得られるメリットは主に2つあると考えている。

  1. 利益が増える
  2. エコである

利益が増える

ビジネスにおいて重要なのは「利益」を出すことである。利益が出なければ、「経営者」「従業員」「株主」の全てにとって得はない。

問題があればその「最適解」を導き出す。実行することで仕事を効率化でき、少ない利益を出すことができる。

AIを活用すれば、色々な場面で最適解を得ることができます。

  • 過去の様々なデータから未来の売上の予測を行い、製品の仕入れを最適化する。
  • 電力の需要を予測し最適な発電を行う。
  • 配達するのに一番効率的なルートを導き出す。

仕入れを最適化すれば、過剰な在庫も不要となりますし、販売機会のロスも最小限とすることができるため、仕入れを最小限とし売上が最大とすることができます。

発電量を最適化すれば、停電なくムダな発電も不要となります。

配達ルートの最適化は、短時間での多くの配達ができるため人件費を最小限に抑えることができます。

エコである

最適化することは環境にもよいエコ活動だと言えます。

前項の例の仕入れの最適化では、食料品なら廃棄ロスが最小限に抑えられますし、日用品でも不要な在庫分の生産を行わなくてよくなります。

電力量の最適化は、最小限の発電となるため発電にしようするエネルギーを最小限に抑えることができます。

配達ルートの最適化は、トラックの燃料を最小限に抑えることができます。

 

ビジネスを最適化することは「エコ」活動をしていることと同意義となります。

まとめ

AIを活用すれば人間では把握しきれないレベルで計算を行い、最適解を得ることができます。

最適解が得られれば、ビジネスでは次のようなメリットが得られます。

  1. 利益が増える
  2. エコである

あなたのビジネスで最適化しなければ行けない課題はなんでしょうか?

最適化が必要な課題をAIを活用して解決できないか考えてみましょう。